浴衣は着方でこんなに変わる!浴衣を上品に着物風に着こなす3つのポイント

[Instagram]

161,155

最終更新: 2016/08/17

161,155

最終更新: 2016/08/17

 

着物風に浴衣を着こなすチェックポイント② 「帯」

次のポイントは、「帯」のセレクトです。

浴衣に半幅帯

名古屋帯よりも幅が狭く、浴衣に結ぶ定番の帯。

4

 

浴衣に名古屋帯

カジュアル着物に結ぶ定番の帯。
1

浴衣の定番と言えば、「半幅帯」。
締めやすくて、軽やかなな後ろ姿が特徴です。

一方、「名古屋帯」とは着物に締める帯。
浴衣に「名古屋帯」?と驚く方もいますが、
浴衣を「着物風」に着るときには、「名古屋帯」を締めるとより「着物」に近づきます。

ただし、どんな名古屋帯を合わせても良いという訳ではありません。
名古屋帯には、麻などを使った夏用がありますので、
見た目に涼しげな素材の帯を合わせましょう。

浴衣 名古屋帯

 

着物風に浴衣を着こなすチェックポイント③ 「足もと」

帯の次は「足もと」に注目です。

浴衣 着方ポイント

【左】素足
【右】足袋着用

右の浴衣姿では、素足ではなく足袋を着用しています。
着物風の着こなしポイントの2つ目は、「足袋」です。

足袋を履くことで、「下駄」を合わせても
素足よりも少し改まった感じになります。

 

次ページ>着物風の着こなしが合う浴衣とは

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

#趣ライブ

#趣ライブを見逃した方はYouTubeにてアーカイブ動画を公開してますので、ぜひこちらから→YouTube

 

_J4A8240
趣-omomuki-と和文化に関するレッスン・ワークショップを開催しませんか?

詳しくはこちら

この記事を書いた人
趣通信 編集部
趣通信 編集部 web

趣通信編集部のアカウントです。いま、楽しむ日本の趣-omomuki をコンセプトに着物を中心に日本の伝統文化や和にまつわる話題を発信していきます。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!