【浜松】注染(ちゅうせん)浴衣や遠州綿紬の着物それぞれの特徴をご紹介

[Instagram]

1,907

最終更新: 2017/03/14

1,907

最終更新: 2017/03/14

 

遠州綿紬の特徴

遠州綿紬1

遠州縞(えんしゅうじま)とも呼ばれており、豊富な縞柄があります。
その昔は藍の地色に、細かい絣糸を使用している親子縞の生産が多かったですが、 近年はきれいな発色の縞柄が多くなっています。 製織はシャトル織機を使用。 一日に約40m/1台と、ゆっくり織り上げる事による優しい風合いと、 日本色を使用した縞柄の織物となります。

遠州綿紬2

静岡県浜松市では、江戸時代に農家の冬仕事として「機織り」が始まったとされています。
機織りには綿(わた)を糸の状態にする行程や染める行程など、様々な工程があり、 それぞれが得意分野を担当したことが分業制につながったと伝えられています。
遠州地方は温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、綿作り(わたづくり)に適していて、 三河、泉州にならび、綿の三大産地として栄えました。
明治以降、機織メーカーとして創業した現トヨタ自動車や浜松に本社を構えるスズキ株式会社により、 動力で機織を動かす力織機(りきしょっき)が登場。昭和三十年代から全盛期を迎えました。 今でも分業体制を残しつつ、数軒の機屋さんによって「遠州綿紬」は織られています。

遠州綿紬でつくられる着物は、自宅で洗え、手頃な価格でオーダー出来るため、普段着きものとして、きもの入門にもぴったりです。

 

実際に「注染ゆかた」や「遠州綿紬」を体験できる!

いとへんのまちが二日間にて開催

今回、ご紹介をさせていただきました注染ゆかたや遠州綿紬。実際に職人の方による注染そめの実演を見たり、遠州綿紬を手に取って楽しむことが出来るイベント「いとへんのまち」が3月25日・26日に開催されます。

スクリーンショット 2017-03-02 16.23.21

イベントでは浜松注染ゆかたの2017年新柄30柄や気軽に着ることのできる遠州綿紬の着物などを体験することもできます。

また浴衣のかわいい帯結びのミニ講座や浜松注染や遠州綿紬のハギレを使ったオリジナルの帯留を作るワークショップなど様々な内容が企画されています。

職人の実演を見ることもでき、実際に注染ゆかたや遠州綿紬を体験して楽しむことの出来るイベントですのでぜひお時間・ご都合のつく方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

いとへんのまち 開催概要

日時:3月25日(土)10:00~18:00/3月26日(日)10:00~17:00
場所:Any -エニィ- (浜松街中モール街)
〒430-0934 静岡県浜松市中区千歳町91
TEL:053-459-4320
URL:http://www.any-h.jp/

いとへんのまち お問い合わせ先
TEL: 053-545-6391
(ぬくもり工房内いとまちプロジェクト事務局)
MAIL: itohennomati@gmail.com
URL: http://itomati.jimdo.com
FACEBOOKページ: いとへんのまち

主催:いとまちプロジェクト
白井商事
喜多屋商店
染色作家 高木法子
ぬくもり工房
ファッションきものいしばし
染め紡ぐ浜松
着物仕立て塚本
イズゴ

後援:
浜松市
浜松まちなかにぎわい協議会
公益財団法人 観光コンベンションビューロー

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

#趣ライブ

#趣ライブを見逃した方はYouTubeにてアーカイブ動画を公開してますので、ぜひこちらから→YouTube

 

_J4A8240
趣-omomuki-と和文化に関するレッスン・ワークショップを開催しませんか?

詳しくはこちら

この記事を書いた人
趣通信 編集部
趣通信 編集部 web

趣通信編集部のアカウントです。いま、楽しむ日本の趣-omomuki をコンセプトに着物を中心に日本の伝統文化や和にまつわる話題を発信していきます。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!