日本文化を和装で楽しむ縁日「東京江戸ウィーク 2016」の見どころをご紹介!

[イベント]

971

最終更新: 2016/09/11

971

最終更新: 2016/09/11

 

9月のシルバーウィークに上野公園で4日間にわたり、「江戸」をキーワードに和装で楽しむイベント「東京江戸ウィーク」が開催されます。「和装」「工芸」「食」の3つのテーマを楽しみながら学べる”世界最大の縁日”を目指して指導される「東京江戸ウィーク」をご紹介させていただきます。

 

東京江戸ウィークの見どころ 3種類のブースでおもてなし

東京江戸ウィークの見どころ①和装ブース

s_2483

伝統のものづくりによるきもの、個性派ブランドのきもの、アンティークきもの、小物まで、「きものの今」を集積した展示・販売ブースが設けられます。実演やワークショップ、講座なども実施されるので、日本のものづくりの魅力を直接感じることが出来るのは嬉しいですね。趣通信でこれまでご紹介させていただいたブランドさんも出展されていらっしゃるので、ぜひ足を運んでみてください。

和装ブースの出展者一覧はコチラ→和装ブース出展者一覧

 

東京江戸ウィークの見どころ②工芸品ブース

伝統を中心に現代文化と融合した商品まで、幅広く展開される工芸品ブース。藍染めや機織り体験、とんぼ玉やつまみ細工のワークショップなど、約半分を体験ブースを設置し、体験して参加者とともに楽しむことが出来ます。

wanari_2
出典:工房・和なり屋の藍染め体験より

 

以前、趣-omomukiで主催した#趣フェスにもご協力頂きました「きものでかける」さんも工芸品ブースに出展。

kimono_1
出典:きものでかけるより

気軽に書道を楽しんで頂けるよう先生の指導のもと「筆ペン書道」を体験することができます。ご参加いただいた方には、お土産として、好きな文字を書いたブックカバーや豆うちわ、ご祝儀袋などをお持ち帰りいただるそうです!

工芸品ブースの出展者一覧はコチラ→工芸品ブース出展者一覧

 

東京江戸ウィークの見どころ③食ブース

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-17-00-43

「上野精養軒」「登利平」「賛否両論」など有名店が登場する食ブース。「東京美食」有名シェフ3人笠原将弘氏、酒井宏行氏、陳建一氏による「Tokyo Edo Week唐揚げ」&「みそ汁」対決も実施されます。

食ブースの出展者一覧はコチラ→食ブース出展者一覧

 

東京江戸ウィークの期間中は園内外で「きもの&ゆかたレンタルスポット」が設けられるため、洋服で立ち寄った人も気軽に和装を楽しめむことができます。普段、あまり和装を着る機会のない方もこの機会に楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

【開催情報】
922日(木・祝)~925日(日)
上野恩賜公園(メイン会場:噴水前広場)
http://edoweek.com

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

a15f1a9e652c39cad5a1b099c80a21d6
<胸の補正に嬉しいアイテム!乙女伊達締めの紹介>
乙女伊達締め|趣通信オンラインショップ

<乙女伊達締めを使った補正の紹介動画はこちら>
胸の大きい方の補正におすすめ!伊達締めを使った補正の仕方

 

買取3
<まずは無料査定で相談>
着物買取7社を比較!相場価格や高価買取・口コミ評判の良い着物買取おすすめランキング

 

スクリーンショット 2018-07-14 09.46.11
<趣通信への広告掲載が可能になりました>
広告掲載費用の詳細などはこちら

 

 

 

この記事を書いた人
趣通信 編集部
趣通信 編集部 web

趣通信編集部のアカウントです。いま、楽しむ日本の趣-omomuki をコンセプトに着物を中心に日本の伝統文化や和にまつわる話題を発信していきます。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!