“きもの”は寸法を変えられると知っていますか?仕立て直すことで大切な“きもの”を受け継いでいく。

[和文化・コラム]

7,431

最終更新: 2017/04/01

7,431

最終更新: 2017/04/01

 

「きものと洋服の違い」

きものと洋服の違いって皆さんは何を思い浮かべますか?

形、素材、しきたり、、などいくつもありますが、最も大きな違いの一つに、きものは解いて寸法を変えて仕立て直せる、ということがあります。

明治初期までは、きものを洗うと言ったら、解いて洗うことが一般的でした。

お母さんのきものを娘さんに、お姉さんのきものを妹さんにといった具合に、着る人が変わる場合、寸法を変えて縫っていたのです。

shitatenaosu-furisode3-P1060757

例えば、お母さんの振袖を娘さんに着せたいと思っても、娘さんの方が身長が高い場合など、寸法が合わない場合がありますよね。上の写真のように、裄がつんつるてんになってしまう場合がよくあります。

洋服だったら諦めるしかないのですが、きものの場合は娘さんの寸法に仕立て直せるのです。

どうしてきものはサイズを変えられるのか?

araihari-toku-DSC05926

こちらがきものを解いた写真です。

きものは、仕立てる際にあまった布を切らず、すべて縫い込みます。そのため、解いてつなぎ合わせると元の反物に戻せるのです。元々お母さんの寸法に縫っていたとしても、生地の幅があれば長くできるのです。

次ページ>きものを解いた後は、汚れを落として洗い張りを実施。仕立て直すまでをご紹介!

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

#趣ライブ

#趣ライブを見逃した方はYouTubeにてアーカイブ動画を公開してますので、ぜひこちらから→YouTube

 

_J4A8240
趣-omomuki-と和文化に関するレッスン・ワークショップを開催しませんか?

詳しくはこちら

この記事を書いた人
だるまや6代目
だるまや6代目 web

だるまや京染本店の6代目 八木賢一です。 大学卒業後4年間会社勤めを経験し、2008年4月から呉服屋兼洗張職人として修行中です。 今まで学んだきものに関することを、たくさんの方に知っていただけたら嬉しいです。 きものに関することでお悩みの方は、どんな些細なことでも遠慮なくご相談くださいませ。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!