覚えておくと便利!風呂敷の結び方と使いやすい風呂敷バッグ2種類をご紹介♪

[和文化・コラム]

2,772

最終更新: 2018/07/16

2,772

最終更新: 2018/07/16

 

皆さん風呂敷は使いますか?

風呂敷といえば、以前はお正月やお盆など、贈り物を親戚の家に持っていくときなどに包むのに使っていたようなイメージが強かったですが、最近では、とってもかわいい風呂敷やさまざまな包み方の本などが出版されたりと、若い方でも使えるようなものがとても増えてきました。

今回は、基本的な風呂敷の結び方と、わたしが多用している便利な風呂敷でできるバッグを2種類ご紹介します♪

 

風呂敷のいろいろ

風呂敷は、薄くてジャマにならず、どんな大きさにも変化してくれるのが嬉しいところ。着物のときにエコバッグのように使えるようにとバッグの中に忍ばせることが多いです。

thumb_DSC05957_1024

おすすめなのは、サイズが約100cm×100cmほどの大判サイズ。この大きさを持っていると、ある程度の大きさのものを包むことができます!

 

風呂敷の基本の結び方① ひとつ結び

まずは、基本のひとつ結びです。バッグを作るときには欠かせない結び方です。

thumb_DSC05994_1024 thumb_DSC05995_1024

thumb_DSC05996_1024 thumb_DSC05997_1024

風呂敷の基本の結び方② 真結び

この結び方を覚えておくと、解くとき魔法のように解けていきます。風呂敷バッグは使えば使うほど結び目が詰まってきますが、きつく締まってもこの結び方がしてあれば簡単に解けますよ♪

thumb_DSC05979_1024 thumb_DSC05980_1024

thumb_DSC05981_1024 thumb_DSC05982_1024

thumb_DSC05985_1024 thumb_DSC05986_1024

 

真結びの解き方

真結びが出来たら解いてみましょう!きちんと結べていればこのようにするするーっと解けるはず!とっても気持ちがいいですよ♪

thumb_DSC05987_1024 thumb_DSC05988_1024

thumb_DSC05989_1024 thumb_DSC05990_1024

thumb_DSC05991_1024 thumb_DSC05993_1024

風呂敷バッグの作り方① 簡単トートバッグ

着物のときでも洋服でも使いやすいトートバッグです。ちょっとしたお出かけのカバンがないときには、こんな風呂敷で出かけてみても良いのではないでしょうか?

thumb_DSC06007_1024

風呂敷の4つの角の隣同士を真結びします

AとB,CとDを結びます。

thumb_DSC05998_1024

結ぶ位置を深くすればバッグが小さくなるので、お好みで大きさを調整しましょう。結んだときに、先が同じ長さ残るように結ぶと、きれいなバッグの形が出来ます。

取手の部分を作ります

AとC、BとDを真結びします。

thumb_DSC06001_1024

できあがりです!

thumb_DSC06003_1024

 

風呂敷バッグの作り方② ボディバッグ風

この結び方は、中の荷物がこぼれにくいので、背負う事ができますよ。着替えを入れたり、少し大きめの荷物で、あまり出し入れをしないものを入れるのに向いています。

 ①風呂敷を広げます

thumb_DSC06008_1024

②包みたいものを真ん中に置きます

thumb_DSC06009_1024

③Aを荷物を包むように手前に畳みます

thumb_DSC06010_1024

④Cも向こう側に、荷物を包みこむように畳みます

thumb_DSC06011_1024

⑤BとDを荷物ギリギリのところで一つ結びします

thumb_DSC06013_1024

⑥BとDを真結びしたらできあがりです♪

thumb_DSC06014_1024

いかがでしたでしょうか?これ以外にも風呂敷の結び方はたくさんあるので、色々と試してみてくださいね♪

着物だけでなく、洋服でも合わせやすい柄を見つけると、日頃からたくさん使える場面が多くなって楽しいですよ!

 

 

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

maxresdefault (1)
<プロが教える半衿の付け方>
マチ針なしで簡単!時短にもなる半衿の付け方

 

スクリーンショット 2018-07-14 09.46.11
<趣通信への広告掲載が可能になりました>
広告掲載費用の詳細などはこちら

 

kimonopedia
<掲載無料!新規サービスのご案内>
着物レンタル・振袖レンタルのお店を募集中

 

LINE@
<公式LINE@はじめました>
お友達登録はこちらから

 

 

 

この記事を書いた人
趣通信 編集部
趣通信 編集部 web

趣通信編集部のアカウントです。いま、楽しむ日本の趣-omomuki をコンセプトに着物を中心に日本の伝統文化や和にまつわる話題を発信していきます。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!