“かわいい”のルーツは江戸時代の女性のファッションにあった!?

[イベント]

2,871

最終更新: 2015/03/05

2,871

最終更新: 2015/03/05

 

東京都渋谷区神宮前の太田記念美術館で、日本のポップカルチャーを代表するkawaiiのルーツを探る展覧会「江戸ッ娘-Kawaiiの系譜」が行われています。

 

浮世絵の遊女、町娘、姫君から原点を探る

同展では浮世絵に登場する江戸の女性たちを通して、日本のポップカルチャーを代表する「kawaii」のルーツを探ろうと企画されたものです。豪華な髪飾りやカラフルで大胆なデザインの着物や小物で個性を競うなど、遊女はゴージャスに、町娘は愛らしく、武家の姫君は華やかに、それぞれのスタイルに合ったファッションを楽しんでいた江戸時代の様子を見ることができます。

 

そんな同展での見られる作品の一部ご紹介!

 

歌川国貞(三代豊国)『今世斗計十二時 未の刻』

歌川国貞(三代豊国)『今世斗計十二時 未の刻』

出典:http://www.cinra.net/

 

歌川国貞(三代豊国)『江戸名所百人美女 霞ヶ関』

歌川国貞(三代豊国)『江戸名所百人美女 霞ヶ関』

出典:http://www.cinra.net/

 

江戸時代、女性は着物をはじめ髪型や化粧、小物使いが年齢や未婚か既婚かで細かな違いがありました。そうしたなかで若い女性は、はなやかな振袖を着て、髪飾りの数が多くまた色も派手にし、にぎやかに装うこともあったそうです。着物や帯の色使いも実にカラフルで多様なデザインを大胆に組み合わせる着こなしからは、この時代の女性たちのファッションに対するエネルギーが伝わってきますね。
江戸時代の女性たちが考え,表現していた「Kawaii」という思うものは現在の原宿を中心とした女性たちとも通じるところがあるのかもしれませんね。「江戸ッ娘 Kawaiiの系譜」展は3月1日~3月26日まで開催されていますので、ご興味をもった方はぜひ見に出かけてみてはいかがでしょうか?

イベント情報『江戸ッ娘 ―Kawaiiの系譜』

2015年3月1日(日)~3月26日(木)
会場:東京都 原宿 太田記念美術館
時間:10:30~17:30(入館は17:00まで)
休館日:月曜
料金:一般700円 大高生500円
※中学生以下無料

『学芸員によるスライドトーク』
2015年3月7日(土)、3月13日(金)、3月18日(水)14:00~
会場:東京都 原宿 太田記念美術館 視聴覚室
料金:無料(要展覧会入場券)

公式サイト:http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

a15f1a9e652c39cad5a1b099c80a21d6
<胸の補正に嬉しいアイテム!乙女伊達締めの紹介>
乙女伊達締め|趣通信オンラインショップ

<乙女伊達締めを使った補正の紹介動画はこちら>
胸の大きい方の補正におすすめ!伊達締めを使った補正の仕方

 

買取3
<まずは無料査定で相談>
着物買取7社を比較!相場価格や高価買取・口コミ評判の良い着物買取おすすめランキング

 

スクリーンショット 2018-07-14 09.46.11
<趣通信への広告掲載が可能になりました>
広告掲載費用の詳細などはこちら

 

 

 

この記事を書いた人
趣通信 編集部
趣通信 編集部 web

趣通信編集部のアカウントです。いま、楽しむ日本の趣-omomuki をコンセプトに着物を中心に日本の伝統文化や和にまつわる話題を発信していきます。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!