大和絵と今の日本の漫画やアニメとの共通点を見出す、日本画家・若佐慎一氏の個展が12月14日まで京都で開催!

[イベント]

1,549

最終更新: 2015/11/05

1,549

最終更新: 2015/11/05

 

八百万の神々やもののけなど、目に見えないもの。 

日本では昔から「目に見えないもの」に対する感謝や、尊敬や、畏敬の念を抱きながら生活してきたという背景があります。

 

『日本人の源流にあるもの、連綿と受け継がれてきたものをかたちにしたい』という強い想いで制作活動を続けている日本画家、若佐慎一氏。日本画家・若佐慎一氏の京都では初の個展となる『変わり続ける 変わらない モノ』が、11月11日〜12月14日まで京都のsolで開催されております!

 

変容し続ける時代と、その中でも受け継がれ続けているものを探求し続けている日本画家・若佐慎一氏

若佐慎一氏は、1982年広島生まれの日本画家。

広島市立大学芸術学部美術学科日本画専攻にて日本の伝統画法を学び、卒業後、日本で有数の美術雑誌主催の公募「美術新人賞デビュー2013」にて準グランプリを受賞。

その後、国内外問わず発表の場を広げており、その作品は円覚寺、広島市立大学芸術資料館にも収蔵されています。

 

日本が近代化する前に見られた大和絵では、龍や鳳凰、獅子や虎などといった幻獣を題材として描かれた絵画様式が多く見られました。

その“昔ながら”の大和絵の様式に、時代を切り取るような“現代性”を加え今の時代に再提案していくのが若佐氏の作風です。

 

 

金箔や漆などの画材を使用したり、昔ながらの日本画の様式や技法に、相対するような現代的な漫画やアニメ的なポップな表現を取り入れた作風が特徴的。

 

これらの作品からは、昔ながらの大和絵の様式と、戦後西洋化が進む中で、サブカルチャーとして発展してきた日本の漫画やアニメといった文化との共通点を見出し、今の時代に親しみのある日本の漫画やアニメもその昔の絵画の延長線上にあるということを表現しようとしていることが読み取れます。

 

「大和絵」と「漫画やアニメ」というこの一見、関連性が見られないように見られる事が繋がっている、という部分に文化の連続性や日本らしさの本質があると若佐氏は考え、今回の個展のテーマである、『変わり続ける 変わらない モノ』に繋がっています。

 

個展の会場となるのは、京都のアーティスト達が集うSol

12314003_1024251840982287_3186283688118484024_n

 

様々な国と時代のモノとコトが潜んでいるSol。

この空間に身をおき時を過ごすと西洋と東洋が混在し、様々な国の文化や価値観が入り乱れながら変化しつつ、且つ不変であり続ける日本のカタチが見えてきます。

京都の様々なアーティストやクリエイター達が集う場としても有名なこの場所で、連続して変容し続ける世界の中で、変わり続けながらも変わらない日本の「今」をテーマに制作した若佐氏の作品を体感することができます。

 

若佐慎一個展『変わり続ける 変わらない モノ』概要

12240013_1015221051885366_1312998359821477470_n

会期:2015.11.11(Wed)-12.14(Mon)

開場時間:15:00-23:00(22:30 L.O)(火曜日定休)

作家在廊日
11.11(Wed)-15(Sun)
11.21(Sat)-23(Mon)
12.12(Sat)-14(Mon)

【臨時休業のお知らせ】
12月2日(水)、4日(金)の終日、そして7日(月)の19時以降をSolが臨時休業される為に、それに伴い展示もお休みとなりますのでご注意ください。

若佐慎一個展 『変わり続ける 変わらない モノ』Facebookイベントページ

 

 

公式インスタグラムで皆さんの#趣着物をご紹介♪

趣着物

趣-omomuki-の公式インスタグラムでも皆さんから投稿頂いた「#趣着物」を中心に着物コーディネートや帯結び、ヘアアレンジなど参考にしたい素敵なお写真をご紹介しております。

趣-omomuki-の公式インスタグラムをアプリで見る→アプリ

趣-omomuki-の公式インスタグラムをサイトで見る→サイト

▼過去の#趣着物のご紹介記事は以下からもご覧頂けます。

皆さんから投稿頂いた #趣着物 をご紹介♡

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

買取3
<まずは無料査定で相談>
着物買取7社を比較!相場価格や高価買取・口コミ評判の良い着物買取おすすめランキング

 

スクリーンショット 2018-07-14 09.46.11
<趣通信への広告掲載が可能になりました>
広告掲載費用の詳細などはこちら

 

kimonopedia
<掲載無料!新規サービスのご案内>
着物レンタル・振袖レンタルのお店を募集中

 

 

 

この記事を書いた人
猪熊真理子
猪熊真理子 web

OMOYA Inc.代表取締役社長。「女性が豊かに自由に生きていくこと」 をコンセプトに女性の自信形成に関わる商品やサービスの企画・PR、女性支援などを行う。Blogger。社会人女性の学びの場「女子未来大学」ファウンダー。 東京⇄京都を行き来しながら暮らす。 また、一般社団法人 全日本伝統文化後継者育成支援協会の役員として、日本伝統文化を今の時代のライフスタイルに合わせて再提案し、日本伝統文化の本質的な価値を次世代へと繋いでいくプロジェクトを進行中。 Instagramでも和の美しいもの、京都での暮らし、着物コーディネートなどを更新。(Instagramアカウント⇒mariko_1218)

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!