まだ間に合う!京都・紅葉スポット“虹の苔寺”と言われる「光明院」が泣けるほどに美しい!

[旅行・スポット]

1,686

最終更新: 2015/12/10

1,686

最終更新: 2015/12/10

 

SONY DSC

京都に「虹の苔寺」と呼ばれる、美しいお寺があるのをご存知ですか?

紅葉で有名な東福寺には、毎年この時期に沢山の人が訪れるのですが、東福寺の別院である「光明院」を知っている人はまだ少なく、比較的人が少ない状態で美しい紅葉が楽しめる穴場スポット。

 


 

紅葉の季節にはその名の通り、”虹色の苔寺”の様子が眺められる

光明院は東福寺塔頭のひとつ。東福寺の敷地内ではなく、東福寺の南に位置しています。 「そうだ京都、行こう」のポスターのロケ地にもなったことがあり、以前よりもたくさんの人に知られていますが、それでも東福寺よりも人が少なく、ゆっくりと美しいお庭を眺められるのも魅力。作庭家・重森三玲氏の設計で、枯山水式の庭園です。

 

SONY DSC

SONY DSC

SONY DSC  

 

光明院は、春は桜とツツジ、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪化粧と、四季折々の美しい姿を見せてくれる素晴らしいお庭が魅力なのですが、特に秋の紅葉が美しく、その美しさから「虹の苔寺」と呼ばれています。  

 

SONY DSC  

SONY DSC

 

光明院の波心庭は方丈と書院の両方から眺めることができ、それぞれに異なる表情を見せてくれます。

 

また、少し変わった円窓があることも魅力の一つ。

SONY DSC

この円窓がある「羅月庵」は、

「雲ハ嶺上ニ生ズルコトナク、月ハ波心ニ落ツルコト有り」

という禅語から発想を得て創られたと言われています。

 

この丸い円は、月を表し、「波心庭」から「羅月庵」を眺めると、東の空に月が昇る様子を楽しむことができるそうです。

 

ここまでの写真は12月7日に撮影したもの。

今年は、京都の紅葉の色づきが遅く、また途中で雨が降ってしまったため、なかなか美しい紅葉に出逢える場所が少ないのですが、光明院の紅葉の美しさは今年も素晴らしいものがありました。

 

光と色がより一層愛おしく感じられ、美しくて泣ける場所なのです。

 

冬は雪が降れば、雪景色の美しい光明院のお庭も楽しめるかもしれません。

mg_9010
出典:http://s0510552.cocolog-nifty.com/

 

光明院(こうみょういん)概要

住所:京都府京都市東山区本町15−809

アクセス:JR東福寺・京阪東福寺下車 徒歩15分

拝観終了:日没

料金:志納(玄関に料金を入れる大きな竹筒あり)

 

 

公式インスタグラムで皆さんの#趣着物をご紹介♪

趣着物

趣-omomuki-の公式インスタグラムでも皆さんから投稿頂いた「#趣着物」を中心に着物コーディネートや帯結び、ヘアアレンジなど参考にしたい素敵なお写真をご紹介しております。

趣-omomuki-の公式インスタグラムをアプリで見る→アプリ

趣-omomuki-の公式インスタグラムをサイトで見る→サイト

▼過去の#趣着物のご紹介記事は以下からもご覧頂けます。

皆さんから投稿頂いた #趣着物 をご紹介♡

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

買取3
<まずは無料査定で相談>
着物買取7社を比較!相場価格や高価買取・口コミ評判の良い着物買取おすすめランキング

 

スクリーンショット 2018-07-14 09.46.11
<趣通信への広告掲載が可能になりました>
広告掲載費用の詳細などはこちら

 

kimonopedia
<掲載無料!新規サービスのご案内>
着物レンタル・振袖レンタルのお店を募集中

 

 

 

この記事を書いた人
猪熊真理子
猪熊真理子 web

OMOYA Inc.代表取締役社長。「女性が豊かに自由に生きていくこと」 をコンセプトに女性の自信形成に関わる商品やサービスの企画・PR、女性支援などを行う。Blogger。社会人女性の学びの場「女子未来大学」ファウンダー。 東京⇄京都を行き来しながら暮らす。 また、一般社団法人 全日本伝統文化後継者育成支援協会の役員として、日本伝統文化を今の時代のライフスタイルに合わせて再提案し、日本伝統文化の本質的な価値を次世代へと繋いでいくプロジェクトを進行中。 Instagramでも和の美しいもの、京都での暮らし、着物コーディネートなどを更新。(Instagramアカウント⇒mariko_1218)

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!