【きものでかけるin鎌倉】古都・鎌倉を着物でお出かけしてきました♪

[Instagram]

1,393

最終更新: 2016/10/20

1,393

最終更新: 2016/10/20

 

報国寺の竹林へ着物でGO!

この時には雨も止み、せっかくなので徒歩にて報国寺へでかけることに。
駅からならバスで10分くらいで到着しますが、
徒歩だと、かわいいお菓子屋さんや、おいしそうなハンバーグ屋さんなどいろいろな誘惑が待ち構えています。

dsc02989

川の中を泳ぐ鯉に名前を付けて楽しむ私たちなのです。
駅からならバスですが、鶴岡八幡宮からなら歩いて10分ちょっとなので歩いてみてみるのもおすすめです!

報国寺とは?

この寺は、1334年(建武元年)天岸慧広の開山により創建されたと伝えられ、開基については足利尊氏の祖父足利家時とも上杉重兼ともいわれている。臨済宗における寺格は諸山に列せられていた。1438年(永享10年)におきた永享の乱で敗れた鎌倉公方足利持氏の子義久がこの寺で自刃している。
引用:Wikipediaより

 

報国寺の中には竹林がありそれがとても美しく、その中にある茶屋でお抹茶がいただけるのです。

ですが、竹林は入れますが、お茶屋さんは休日などの混雑時には人気のため、
チケットが販売されない時間帯もあるので要注意です。
私たちは、幸運なことに直前にチケット発売が再開され、ラッキーでした★

dsc03008

dsc03012

竹林は本当に美しく、また苔もきれいに生えていてじっと見つめてしまいます。

dsc03004

お参りもちゃんとしてきました。

dsc03003

きれいにまとめられた美しいお寺報国寺、私は行くまで知りませんでしたが
鎌倉に来たら必ず行ってほしい場所です♪

報国寺 拝観情報

・拝観料 200円
・抹茶(干菓子付) 500円
・拝観時間 9:00~16:00
・抹茶の受付は15:30まで。※混雑時は抹茶の受付を一時停止する場合がございます。
年末年始 12/29~1/3 は拝観休止をしております。天候等により拝観を休止する場合がございます。
※お願い:写真撮影の際に三脚の使用はご遠慮ください。

公式サイト:http://www.houkokuji.or.jp/

【鎌倉人気スイーツ】ホットケーキを食べにイワタコーヒーへ!

鎌倉の大人気スイーツといえば、イワタコーヒーのホットケーキ♪
鎌倉駅から徒歩1分程度、小町通のすぐ入ったところにあります。

たくさんの人が並んでいましたが、30分程度で席に案内してもらえました。

14520523_1844380935807854_4755669287995832709_n

きものでホットケーキ♡
女子はいくつになっても甘いものが好きです♡♡♡
分厚いホットケーキは1枚5センチくらい。一つ頼むと2枚ついてくるので
二人で一つをシェアするのが良いかもしれませんね!
懐かしく優しい味のホットケーキでした♡

イワタコーヒー

イワタコーヒー:食べログ

 

鎌倉の代名詞、鶴岡八幡宮で参拝

訪れたのは17時前くらいだったので、屋台はしまっていましたが
きれいな夕焼け空が見えていました。

dsc03035

時間はアッという間に過ぎていきますね。

dsc03032

境内では夜も更け始めていましたが、結婚式が行われていて、
白無垢を着た花嫁さんは昼間よりも一層きれいに見えていましたよ。

お土産の時間と夕ご飯

鎌倉の夜は早いので、お土産屋さんは19時にしまってしまいます。
そんなこともつゆ知らず、

報国寺に行く途中にあったおいしそうなハンバーグ屋さんで、
見た目通り美味しいお肉に、舌鼓。

鎌倉 雪ノ茶屋
鎌倉 雪ノ茶屋:食べログ

すみません、食べるのに夢中で写真を忘れました…。

鎌倉でおいしい夕ご飯を食べて帰りたいという方は
お土産は早めに買い、繁華街近くでお食事したい方は予約をすることをお勧めします。

おわりに

また行きたい!というのが率直な感想です。
1~2泊しても鎌倉は十分楽しむことができますよ♪
次回は江ノ電に乗って、海を見て…そんな鎌倉観光プランもいいかもしれまん。

とーってもたのしかったです!

 

 

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

買取3
<まずは無料査定で相談>
着物買取7社を比較!相場価格や高価買取・口コミ評判の良い着物買取おすすめランキング

 

スクリーンショット 2018-07-14 09.46.11
<趣通信への広告掲載が可能になりました>
広告掲載費用の詳細などはこちら

 

kimonopedia
<掲載無料!新規サービスのご案内>
着物レンタル・振袖レンタルのお店を募集中

 

 

 

この記事を書いた人
趣通信 編集部
趣通信 編集部 web

趣通信編集部のアカウントです。いま、楽しむ日本の趣-omomuki をコンセプトに着物を中心に日本の伝統文化や和にまつわる話題を発信していきます。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!