【長襦袢の着付けお悩み】衣紋が抜けない・詰まってしまう原因とは…?

[#趣ライブ]

1,863

最終更新: 2017/12/01

1,863

最終更新: 2017/12/01

 

趣通信スタッフの紅子です。

今回は、みなさまからお寄せいただいた「長襦袢についてのお悩み」と、それに対する趣通信スタッフのしーまん流の解決法をご紹介していきたいと思います。

 

本コラムは毎週、月曜日のお昼12時半〜趣-omomuki-のFacebookページ・Instagramアカウントにて配信をしております#趣ライブの第20回目「長襦袢のお悩み解決」を元に加筆作成したものです。

 

長襦袢の着付けお悩み第一位は「衣紋が詰まってしまう」でした!

スクリーンショット 2017-12-01 14.03.46

衣紋が詰まってしまう原因はいくつかあって「ここを直せば解決!」というわけにはいかないのですが、中でも多くの人に当てはまりそうなポイントを3つ、挙げてみます。

 

衣紋が詰まってしまう原因①:着るときには、まっすぐ正面を向いていない

着る過程でかがんだり体をねじったりすることで、せっかく抜いた衣紋も詰まってしまいます。
着つけ小物を取りやすい位置に置き、後ろや横を気にして鏡の前でくるくる回ったりしないようにしましょう。

 

衣紋が詰まってしまう原因②:着付け小物が手の届くところに準備されていない

長襦袢の着方やコツなどをご紹介!(長襦袢の着付け動画あり)でもご紹介していますのであわせてご覧いただきたいのですが、着る前の準備を省略せずにやっておきましょう。

紐を拾い上げたりする動作は、衣紋が詰まる大きな原因になります。

 

衣紋が詰まってしまう原因③:衿が胸を包んでいない

こちらも長襦袢の着方やコツなどをご紹介!(長襦袢の着付け動画あり)でご紹介していますが、衿をあわせる時には胸を包み込むことを意識しましょう。

スクリーンショット 2017-12-01 13.56.27

洋服を着なれている私たちにとっては不自然に思うほどの衿合わせですが、思い切って真横に引くくらいの気持ちであわせるとちょうどいいようです。

また、胸が豊かな方には既製品では合わないことがあるようです。マイサイズでお仕立てしてみると、驚くほど簡単にきれいに着られるかもしれません。

 

着方ではなく、着付け道具を見直すのも一つの方法

着方だけではなく、使う道具を見直してみることが有効な場合もあります。
たとえば、衣紋抜きは便利なものですが、一方で無理に使わなくてもいいものです。衣紋抜きに腰紐を通す時に不自然な姿勢を取って姿勢がまっすぐに保てないくらいなら、使わないのも一つの解決方法です。

他にも、腰紐や半衿などの素材がすべりやすい・締まりにくいものではないか、ご自分に合ったものなのか、見直してみてはいかがでしょうか。

 

それぞれの体型や手持ちの着物や小物によって、お悩みの内容も解決方法も様々ですが、今回は、比較的たくさんの方に参考にしていただけそうなものを選んでご紹介しました。参考にしていただけたら嬉しいです。

 

[関連記事]

長襦袢の着方やコツなどをご紹介!(長襦袢の着付け動画あり)

趣通信スタッフの紅子です。長襦袢は衿以外は見えませんが、きちんと着ないと最終的な着姿が乱れてしまうので手が抜けませんよね。みなさんいろいろな工夫があると思いますが、今回はベーシックな長襦袢…

【長襦袢の寸法】着丈・裄丈の長い長襦袢の直し方とは?

趣通信スタッフの紅子です。今回は丈が合わない長襦袢を着る工夫をご紹介します。お手持ちの長襦袢が全てマイサイズ、という方には不必要ですが、最近では既製品やリサイクルの長襦袢も利用しやすくなり…

 

 

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

#趣ライブ

#趣ライブを見逃した方はYouTubeにてアーカイブ動画を公開してますので、ぜひこちらから→YouTube

 

_J4A8240
趣-omomuki-と和文化に関するレッスン・ワークショップを開催しませんか?

詳しくはこちら

この記事を書いた人
紅子
紅子

着道楽だった祖母の影響でアンティーク着物の美しさの虜になり、そのまま着物が大好きになりました。お手入れしながら長く大切に着られるところに魅力を感じます。 もっと気軽に、いろいろなところに着物でお出かけしたい!今さら訊けないことから便利グッズまで、少しでも着物が身近に感じられるような内容を、私自身も勉強しながら発信していければと思います。よろしくお願いいたします!

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!