【SOU・SOU】ポップでカラフルな2015年のSOU・SOUらしい浴衣が登場♪

[浴衣コーディネート]

1,682

最終更新: 2015/07/17

1,682

最終更新: 2015/07/17

 

2015年のSOU・SOUの浴衣が20種類以上出揃いました!1000年の歴史がある京都の絞り染を施したものや、手捺染で仕上げられたSOU・SOUオリジナルテキスタイル、そして、京都丸紅とのコラボレートものまで、どれもポップでカラフルなSOU・SOUらしい浴衣をご紹介させて頂きます。

 

SOU・SOUについて

『新しい日本文化の創造』をコンセプトにオリジナルテキスタイルを作成し地下足袋や和服、家具等を製作、販売する京都のブランド。脇阪克二(テキスタイルデザイナー)、 辻村久信(建築家)、若林剛之(プロデューサー)らによって2002年設立。

SOU・SOU公式サイトより引用

 

新しい日本文化の創造

私たち日本人は自分自身や物事を考える時、人との会話の中で「そう、そう」と肯定しながら、又、相手の事を「そう、そう」と認めることによって、お互いを確認・発見・発展させ、そして社会を築いていくように思います。外国の方から「日本人同士の会話には、“ソウソウ”という音が多い」という事を聞いたことがあります。意識してみると、ありとあらゆる人が毎日そこら中で使っている言葉だということに気づきます。そう考えると「そう・そう」という二つで一つの “単語”は、昔から日本人が生活をしていく上で必要不可欠な言葉だったと言えるのではないでしょうか。
そしてそれは、日本人らしさみたいなものを、又「日本」そのものを表していると言っても良いのではないかと思うのです。無意識に使っている「そう・そう」という言葉のように漠然と生きている私たち自身が日本を見つめ直すきっかけをつくっていくこと、又それを意識していくことが、今大切ではないかと考えます。

SOU・SOU公式サイトより引用

 

SOU・SOU×京都丸紅 浴衣

ひなたぼっこ 薄暮(はくぼ)

SOU・SOU浴衣

SOU・SOU浴衣

商品ページへ

 

折り紙 涼風至(すずかぜいたる)

SOU・SOU浴衣

SOU・SOU浴衣

商品ページへ

 

 版画 桜桃色(はんが おうとういろ)

SOU・SOU浴衣

SOU・SOU浴衣

商品ページ

 

菊づくし 清風(せいふう)

SOU・SOU浴衣

SOU・SOU浴衣

商品ページへ

 

次ページ>SOU・SOU×京都丸紅 浴衣ほか4点ご紹介

 

 

編集部おすすめ記事ピックアップ

買取3
<まずは無料査定で相談>
着物買取7社を比較!相場価格や高価買取・口コミ評判の良い着物買取おすすめランキング

 

スクリーンショット 2018-07-14 09.46.11
<趣通信への広告掲載が可能になりました>
広告掲載費用の詳細などはこちら

 

kimonopedia
<掲載無料!新規サービスのご案内>
着物レンタル・振袖レンタルのお店を募集中

 

 

 

この記事を書いた人
趣通信 編集部
趣通信 編集部 web

趣通信編集部のアカウントです。いま、楽しむ日本の趣-omomuki をコンセプトに着物を中心に日本の伝統文化や和にまつわる話題を発信していきます。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!