和文化・コラム

【夏着物】単衣や薄物に合わせるオススメの帯と小物とは?

13,821

最終更新: 2016/03/01

13,821

最終更新: 2016/03/01

 

夏が近づくと裏地のついた袷(あわせ)の着物では暑くなります。暑くなりはじめる5、6月と残暑の時期の9月は裏地をつけずに仕立てる『単衣(ひとえ)』の着物を着ます。

 

単衣(ひとえ)の着物と袷(あわせ)の着物の違い

単衣の着物と袷の着物の着る季節や時期は?

単衣と袷の着物の違いは、反物(表地)を着物に仕立てるときに、裏地類をつけるものを袷の着物、つけないものを単衣の着物と呼びます。

単衣の着物は、春から夏にかけて暑くなってきた時期や秋から冬にかけての少し肌寒くなってきた季節など6月や9月の季節の変わり目の時期に着ることが多く、暑さの増す7月と8月は単衣に仕立てた着物の中でも薄くて透け感のある『薄物』の着物を着ます。袷の着物は10月〜5月までの暑くない時期に着ます。

 

今回はそんな単衣と薄物の着物に合わせるオススメの帯や小物を趣通信で募集をしている #趣着物 にて皆さんに投稿頂いたお写真を交えてご紹介します。夏場に締める帯は、涼しげに見え、通気性のよい素材を選びましょう。絽の染め帯、絽綴れ、紗、羅、麻(上布)などが比較的長い期間使えます。

 

単衣や夏着物におすすめな絽の着物


 
古典柄が可愛い絽のお着物ですね。
 

単衣や夏着物におすすめな絽の着物に名古屋帯をコーディネート


 
絽のお着物と名古屋帯でコーディネートをすると涼しげな印象になりますね♪
 

単衣や夏着物におすすめな絽の夏帯


 
両面絽でハンドメイドで作られた夏帯。柄も夏っぽさがあり素敵ですね♪
 

単衣や夏着物におすすめな紗の着物


 
涼しげな素材の紗の着物にパタパタ結びの作り帯をコーデされた@naru1091さんのオシャレ着物コーデ。
 

単衣や夏着物におすすめな羅の博多織名古屋帯をコーディネート


 
有松絞りの浴衣に羅の博多織名古屋帯をコーディネートされ、浴衣を着物風に着こなされたコーディネート。
 


 
こちらは涼しげな立涌文様の夏紬に羅の名古屋帯をあわせた清涼感のある着物コーディネートですね。
 

単衣や夏着物におすすめな麻(上布)の半幅帯

 

単衣や夏着物におすすめな初夏の帯


 
単衣の着物には、博多織や紬などの単衣帯が活躍しますが、5月なら袷の着物用の帯で、生地の薄いものや、涼しげな色・柄のものを使います。6月に入ったら、夏帯の出番です。涼やかに見えるコーディネートを心がけます。波、紫陽花、鉄線など夏の文様を選ぶと季節感もあり、涼しげなコーディネートを演出できます。

 

単衣や夏着物におすすめな盛夏の帯


 
薄物には、羅や紗、絽綴、麻の帯を合わせます。張りがある素材に透けた感じがあいまって、涼感が際立つ装いになります。カジュアルな場面なら、浴衣用の半幅帯を合わせても良いでしょう。色数を少なく、すっきりしたコーディネートにするのが夏の装いを涼しく見せるポイントです。

 

初夏の帯

9月も下旬になれば、軽やかな色、柄の絽縮緬、絽紬、紬などを合わせます。いずれも、夏の文様は避け、色は落ち着いた色に、柄は月見や葡萄(ぶどう)、秋草など秋らしさを感じさせる文様を選びましょう。「着心地は夏、気持ちは秋」で装います。

 

単衣や夏着物におすすめな一年中使える帯


 
明るいグリーンの素敵な単衣の着物に、合わせた博多帯のコーディネートはこの時期にピッタリですね。
 

涼しげな博多帯ですね✨ 夏の装いにぴったりです❗

Miyabi_yukiさん(@e_miyabi_yuki)が投稿した写真 –

半幅帯や博多帯は一年中使えるので便利です。

 

 

単衣や夏着物におすすめな長襦袢


絽、紗、麻ならオールマイティ

単衣と薄物の季節には、基本的に白の絹、紗、麻の長襦袢でカジュアルからフォーマルまで対応でき、色物は淡い色なら涼しげです。汗をかくので、自宅で洗濯できる麻は重宝します。着物は下着で温度調整をするものなので、4月の袷の時間でも、暑ければ夏用の長襦袢を早めに着て心地よく装いましょう。

 

単衣や夏着物におすすめな二部式襦袢

レース紬で女っぷりをあげる

麻や絹紅梅の着物なら、長襦袢の代わりに二部式襦袢を合わせてもよいでしょう。たっぷりとレースがついた筒袖(つつそで)の半襦袢は、振りからレースがちらりと見えると可憐です。袖丈が短いだけで軽やかで、涼しく感じます。裾よけも夏素材を合わせましょう。

 

単衣や夏着物におすすめな半衿

白の絽で涼やかに

6月から9月の半衿として活躍するのが、白の絽です。カジュアルからフォーマルまで合わせられ、絽目の透ける素材感がとても涼しげです。夏の装いの色半衿は、暑苦しい印象を与えることもあります。使うなら極薄い色にして、清涼感を損なわないようにしましょう。ほかに麻や紗も合います。縦にしぼがある楊柳(ようりゅう)は5月末から6月中旬まで使え、肌ざわりもさらりとしています。

 

単衣や夏着物におすすめな帯揚げ


絽、紗、麻の淡い色無地が夏の定番

帯揚げは、6月から9月まで絽、紗、麻などの透け感のある涼しげな素材を選びます。単衣の季節なら縮緬もよいでしょう。フォーマルには、絹の白か薄い色を合わせます。カジュアルでも、暑さを感じさせない無地の薄い色やぼかし染めがよいでしょう。

 

単衣や夏着物におすすめな帯締めや帯留め


 


 
帯締めは淡い色なら袷にも夏用にも使えます。特に帯締めは冠組がおすすめです。夏用に作られたレース組みの帯締めもありますのでお好みで使ってみるのもおすすめです。夏の装いには、色も白、水色、黄色、若草色、桜色など、淡色系でやや細めのものを選ぶと涼しげで良いです。帯留めは琉球ガラスなどの帯留めも清涼感を演出してくれるのでおすすめです。藍と白のコーディネートは夏にピッタリですね。

 

夏着物の生地や帯との合わせ方などコーディネートをご紹介

スクリーンショット-2015-06-29-12.39.42-660x350

【夏着物】夏には単衣の着物と薄物の着物を着て季節感を演出♪

 

夏着物と浴衣の違いとは?

基本的に絹なら夏着物、浴衣は綿

基本的には素材が絹なら夏着物、綿なら浴衣と言えます。綿紅梅や奥州紬(おうしゅうつむぎ)など高級浴衣であれば、足袋を履いて名古屋帯を締めて夏着物風に着ることもできますし、木綿の夏着物や綿紅梅の浴衣も例外的にはあります。

浴衣は半衿はつけず、足袋も履かなくても良いですが、夏着物は必ず足袋を履きます。半衿はつけてもつけなくても構いません。

 

雨下駄

塗りで防水。ゴム張りで滑り止め

台に歯のついた塗り下駄のつま先に、雨よけの爪皮(つまかわ)をつければ、雨用の履物になります。雨がやんだり、屋内に入ったら、必ず爪皮をはずしましょう。会場には替えの草履を持参して、履き替えます。

 

雨草履

おはようございます❤️今日はお昼3時半頃から夜7時まで営業中でーーーーーす❤️是非是非会社の帰りに 気になってた方はチラッとどおおおぞ❤️☂️他にたくさんデザインがある今日実オリジナル傘草履さん☂️なのにこればかりがネットショップのお気に入りにめっちゃ登録されていますダントツですが、、、、、、全くうれていませんf^_^;)私の謎 #日本製#madeinjapan#着物好き #着物#可愛い#かわいい#アンティーク着物 #幾何学模様#美容師 #着付け教室 #美容院 #スタジオ #kimono #草履 #リボン #お出かけ#今日実オリジナル#草履#浴衣#趣着物#名古屋#大須#乙女#花#傘#ゆかた#男着物 #晴れ女#お出かけ#サロン

今日実さん(@kyoumi_oosu)が投稿した写真 –


 
雨の日の移動にはカバー付きを

改まった場所や社交の場なら、雨が降っていても草履を履きます。移動の際はつま先に透明のカバーがついている雨専用の草履を破棄、会場では替えの草履に履き替えます。取り外しのできる雨用草履カバー なら、履き替える手間が省け、雨が降りそうな日にも携帯できます。

 

 

編集部おすすめピックアップ記事

汚れ落とし

着物のシミ抜きや汚れ落としを自分でお手入れする方法と注意点をご紹介

 

5−9きもの

【5-9きもの】着物は季節ごとに袷・単衣・夏物と衣替えの決まりがあるの?

 

 

 
この記事を書いた人
趣通信 編集部
趣通信 編集部 web

趣通信編集部のアカウントです。いま、楽しむ日本の趣-omomuki をコンセプトに着物を中心に日本の伝統文化や和にまつわる話題を発信していきます。

その他の記事を読む

趣 -omomuki- の最新情報をチェック!